雨の日キャンプの必需品と方法5選!初心者でも大丈夫!

キャンプの用意をしたのに、天気予報はあいにくの雨。

「せっかく準備したのに、キャンセルするべきなの?でも雨対策って何をしたらいいのか分からない」。

そんなお悩みを持つ方、諦める必要はありません。急な雨でも大丈夫。事前に準備をしておくことで、雨のキャンプを楽しめちゃうんです。そのために必要な必需品と方法をお教えしましょう。


1.「レインブーツ」と「レインウェア」で雨の日を快適にコーデ

雨の日のキャンプを快適に過ごすには、まずレインブーツとレインウェアから準備してみましょう。最初はレインブーツから。靴が濡れてしまうと、かなり不快な上、気持ちも落ち込んでしまいますよね。そんなとき、膝丈まであるレインブーツがあれば安心です。

もし短い丈のレインブーツだと、想像より深さがある水たまりを踏んでしまって、ズボンまでびしょ濡れになってしまうことがあります。膝丈まであるレインブーツを用意すれば、もう水たまりを心配することなく自由に歩けます。テントの設営でも、足元に気を使いすぎず過ごせます。

季節が夏の場合は、濡れてもいいサンダルを一緒に持っていくのがおすすめです。ずっとレインブーツで過ごしていると蒸し暑くなり、濡れるのとは別の不快感に襲われます。足用のタオルを持参するのも忘れないようにしましょう。

次はレインウェアです。傘でもかまいませんが、レインウェアは必ず持参しましょう。レインウェアの方が両手が自由になり、テントの設営もしやすくなるためです。もちろん両方持っていくのもかまいません。

レインウェアの素材はゴアテックスがおすすめです。ゴアテックスは外からの雨は通しませんが、内から出た汗は外へ通してくれるため、蒸れの心配もなく過ごしやすいからです。

2.砂利のテントサイトで楽してテント設営!

雨の日キャンプでは、砂利のテントサイトを選ぶようにしましょう。テント内は過ごす時間が一番多くなる場所。快適に過ごすには場所選びが重要になります。

砂利のサイトは水はけがよく、乾きも早いためテントをしまう際にも楽です。それに対し土のサイトは水はけが悪く、急な雨でテント内が浸水してしまうことがあります。そうなってはキャンプどころではなくなってしまいますね。

砂利のテントサイトを選ぶことで、テントの設営から撤収まで楽になり、快適に過ごしやすくなります。さらに出来るだけ丘を選び、窪地を避けことで、より浸水のリスクも減らせます。

もちろんゲリラ豪雨などで危険と判断した場合は、離脱するという素早い決断も大切です。

またテント下にレジャーシートを敷いてしまう方が多いようです。そうするとテントとレジャーシートの間に雨水が溜まって浸水してしまうことがあるため、レジャーシートは中に敷くほうが良いでしょう。

砂利のテントはゴロゴロした感覚があるため、シートの代わりに厚さのある敷物を用意しておくとさらに快適に過ごせます。


3.タープでテント作業をストレスフリー!

タープとは日よけ・雨除けをしてくれる広い布のようなものです。テントだけではなく、必ずタープも持っていきましょう。テントの設置が楽になるだけなく、快適性に雲泥の差が出ます。

最初にタープを張り、その後にテントを張りましょう。そうすることで作業がしやすくなります。次にタープの下にテントを重ねるように設置します。車のトランク部分もタープ下に重ねることで、車からの荷物の移動が格段に楽になります。

テントだけでは設営中にびしょ濡れになったり、荷物の移動も煩らわしくなったり、それだけでストレスが溜まってしまいそうです。タープとテントの合わせ技により、雨でも快適な空間を作り出せます。

4.カセットガス式グリルで、新しいバーベキュースタイル!

カセットガス式のグリルを使用することで、雨の日でもバーベキューが出来ます。雨除けのタープがあれば可能です。ただしタープの素材が難燃性という燃えにくいものを選ぶ方が、より安全に実施できます。

グリルの種類はカセットガスタイプがおすすめです。火の扱いが簡単で、すぐに準備することができ、後片付けや掃除も楽に出来るからです。

バーベキューといえば炭でないと、という方もいるかもしれません。炭の場合は火をおこすのに時間がかかり、火加減の調整も難しく、後片付けも大変です。ガスタイプは子供から大人まで、全員が安全で楽しく調理できるのでおすすめです。

もちろんグリルなので、バーベキュー以外の食材を使って焼いたり、炒めたりしてもいいでしょう。食材は何を選ぼうか、買い物から楽しくなるかもしれません。新しいバーベキューのスタイルとして試してみる価値があります。

5.テントの中でみんなでゲーム?それともまったりコーヒー?

自由時間はテントの中ではゲームか、ゆっくりコーヒータイムがおすすめです。ゲームはボードゲームでも、トランプのようなカードゲームでもかまいません。

いつもやっているボードゲームやカードゲームでも、いつもと違うメンバーとやることで新しいルールの発見や展開になって、新鮮な気持ちで楽しめるでしょう。

持ち歩きできるポータブル将棋・オセロなどで、一対一でじっくり対戦しても面白そうです。反対にゆっくりコーヒーを嗜んだり、一人でじっくり読書をするのも優雅な時間の過ごし方です。

またキャンプ場によってはクラフト体験や手作り体験を行っている所もあります。事前にリサーチしておくことで、退屈せずにいろんな遊び方が出来ます。 自分ならではの時間の過ごし方を見つけましょう。

まとめ

今回は雨の日キャンプの必需品と方法について紹介しました。

1.「レインブーツ」と「レインウェア」で雨の日を快適にコーデ

快適に過ごすには、まずレインブーツとレインウェアから準備しましょう。レインブーツは膝丈まであるものがおすすめです。そうすればうっかり服に水たまりがはねても、濡れる心配がありません。レインウェアはゴアテックスなどの素材を選ぶことで、快適に過ごせます。季節も考えて、しっかり温度管理をしましょう。

2.砂利のテントサイトで楽してテント設営!

砂利のテントサイトは水はけがよく、乾きが早いためテントの設営から撤収まで楽になるのでおすすめです。出来るだけ丘を選ぶなどして、急な雨で浸水しない場所選びと工夫をしましょう。危険だと思った際は、早めに離脱する決断も大切です。レジャーシートはテントの外より中に敷くほうが、雨の侵入を防げます。床が砂利のため、厚さのある敷物にするとより快適に過ごせるでしょう。

3.タープでテント作業をストレスフリー!

雨除けをしてくれるタープを必ず持参しましょう。テントの設営がしやすくなるだけでなく、快適性にも差が出ます。タープの下に重ねるようにテントと車のトランク部分を設置すると、荷物の移動も楽になり、自分だけの快適空間を作れるようになります。

4.カセットガス式グリルで、新しいバーベキュースタイル!

カセットガス式のグリルで、バーベキューが出来ます。雨除けのタープは、難燃性という燃えにくい素材を選ぶと安全です。カセットガスは炭に比べて火の扱いが簡単で、すぐに準備することができ、後片付けや掃除も楽に出来ます。子供から大人まで、全員が安全で楽しく調理できるのでおすすめです。

5.テントの中でみんなでゲーム?それともまったりコーヒー?

テントの中ではゲームかまったりとコーヒータイムがおすすめです。ボードゲームでも、カードゲームでも、いつもと違うメンバーとやることで新しいルールの発見や展開になって、新鮮な気持ちで楽しめるでしょう。持ち歩きできるポータブル将棋・オセロなどで、一対一でじっくり対戦しても面白そうです。反対にゆっくりコーヒーを嗜んだり、一人でじっくり読書をするのも優雅な時間の過ごし方です。

キャンプは事前の準備次第で、当日の過ごし方にが変わってきます。雨の日のキャンプとなると不安になることも多いでしょう。

当日の過ごし方をイメージして、装備や道具をしっかり準備していれば、雨の日でしか体験できないキャンプが楽しめます。自分ならではの楽しみ方を見つけてみてください。