楽しいキャンプでのご飯はどうする? ~冬のおすすめ~

冬のキャンプはどんなに楽しくても寒いもの。

たくさん遊んでいる最中は温かくても,ご飯の準備のときにはどうでしょう。

運動量が少なくなるため,だんだん寒く,凍えてきてしまいます。

そうなると,寒さで縮こまったりイライラしてしまったりします。

せっかくのキャンプなのにそんなことになってしまったらもったいないです。

だけど,簡単に作れるあったか~いご飯なら,

準備時間もそれほどかからず,身体の内側からしっかり温まることができます。

これでキャンプも思う存分楽しめちゃいますね。

「冬にキャンプなんて楽しめないでしょ!」と思う人もいるでしょう。

しかし,冬には冬の楽しさがあるんです。

みなさん,思いだしてみてください。

真夏の炎天下で,がっつりと冷えたアイスを食べたとき・・・

たくさん運動をした後おなかがペコペコになってご飯を食べたとき・・・

「しみわたる~♡♡♡」

という至福な経験をしたことがあると思います。

身体が渇望しているものをベストなタイミングで食べると,

とても幸せな気持ちになれるものです。

冬のキャンプは寒いので,身体が冷えてしまいますよね。

そんな時こそ,あったか~いご飯がもっと美味しく感じることができるのです。

事前に家で食材の下ごしらえをしておけば,

キャンプでの準備や後片付けも楽ちんになります。

煩わしい準備はとことん少なく,至福の時間を存分に楽しめます。


大人数ならこれ 心も身体もあったまるポトフ

冬なのに外で料理をしないといけないのって,すっごく寒いし嫌ですよね。

人数が多いとそれだけ準備に時間がかかって余計に寒い。

しかも,全員で準備をするなんてことにはなりませんし,

誰かが寒さの犠牲になって準備をするはめに。

他の人が遊びで身体を動かして温まっているのを横目で見ながら,

寒さで縮こまりながら準備をしないといけない状況に,平静でいられるでしょうか。

いいえ,ムリです。

寒さへのイライラや,他の人が温まっている中

自分だけが寒い思いをしていることへのイライラが募り,

キャンプを楽しむことができなくなってしまいます。

だけど時間が来ればおなかも空くし,ご飯は食べないといけない。

ご飯を食べるためには誰かが準備をしないといけない。

どうしても逃れられない運命だと,思いますよね。

だけど,ポトフなら寒い外での準備は最低限に抑えられ,

しかも一度に大量に作ることができて,

遊び終わったらすぐに,できたてアツアツを食べられるんです。

ポトフはフランス料理の一つで,

塊のままの牛肉や豚肉,野菜などを長時間煮込んだものです。

煮込み時間が必要ですが,事前準備をしっかりしておけば

すぐに美味しいポトフができあがります。

材料(5人前)

・シチュー用牛すね肉 1500g

・水 5000cc

・玉ねぎ 5個

・人参 5個

・トマト 5個

・ジャガイモ 5個

・コンソメスープの素 適量

・粗挽きこしょう 適量

作り方

―事前準備―

① 玉ねぎは4等分,人参は縦に2等分,ジャガイモは食べやすい大きさ,トマトは半分に切り種を取り除,レンチンしてある程度茹でる。

② 熱したフライパンに鍋に牛すね肉を入れ,強火で表面を焼く。

―キャンプ場に着いたら―

③ 鍋に水を入れて沸騰したら,弱火にして焼いた牛すね肉を入れて2~3時間煮込み,あくが出てきたらその都度すくい取る。

④ お肉が柔らかくなったら,切った野菜とコンソメを入れさらに1時間ほど煮込む。

⑤ 野菜が柔らかくなったら食べ頃。お皿に盛り,

準備は最小限に!超簡単あったか美味しいチーズリゾット

キャンプで料理をしようと思ったら,

具材やキッチン用品をたくさん持ってこないといけません。

準備するものが多いと,チェックが行き届かず忘れ物をしてしまうこともあります。

もし忘れ物をしてしまったら,料理の失敗に繋がります。

せっかくキャンプで楽しく過ごそうとしていたのに,

料理を失敗してしまったら雰囲気が台無しです。

そんなミスをしないためには,準備が少なくて済むご飯にしてしまうのが一番です。

チーズリゾットなら,準備も少なくすぐできて,しっかり身体を温めることもできます。

できたてのリゾットで,おなかにも優しくしっとりとした時間が楽しめます。

材料(2人前)

・生米 1合

・オリーブオイル 適量

※ お好きな油やオイルでも問題ありません。

・水 2カップ

・コンソメスープの素 適量

・粉チーズ 大さじ4(好みによって変えて下さい)

・塩こしょう 少々

① フライパンにオリーブオイルをひいて,生米を炒める。

② 米全体が白っぽくなったら水とコンソメを入れ,中火で15~20分煮込む。

③ 米がお好みの固さになったら火を止め,粉チーズと塩こしょうで味を調える。


料理が苦手でも大丈夫 王道トマトカレー

料理ができることは,今や男女関わらず一つのステータスとして捉えられています。

料理が得意なのであれば,キャンプでご飯係になったとしても臆することはありませんが,

もし料理が得意でなければどうでしょう。

ただでさえ慣れない場所での料理なのに,

他の人を満足させられる料理を作ることができるでしょうか。

もし失敗してしまったら,その場にいる全員から,

残念な目で見られてしまうことでしょう。

そんな状況は避けたいですよね。

それなら,料理が苦手でも美味しく作れる料理を作るのが一番賢い対処法です。

料理が苦手でも美味しく作れる料理の一つがカレーです。

その中でも,トマトカレーは水を使わず野菜の汁気のみを使うので,

水の分量間違いなども起こるわけもありません。

多少味付けをミスしたとしても,濃厚なトマトとカレールーの味で隠すことができます。

なんと賢い料理なのでしょう。

材料(2人前)

・お好きな肉やシーフード

・ジャガイモ 

・ニンジン

・大きなトマト 7個

※ あるいは,トマト缶2つ

・お好きなカレールー

・らっきょや福神漬け 適量

① トマト以外の野菜や肉,シーフードを適当な大きさに切る。トマトはざく切りにしておく。

② 熱したフライパンに①を入れ炒める。

③ ある程度炒められたらざく切りトマトもしくはトマト缶を入れ,焦げ付かないように煮込む

④ 野菜が柔らかくなったらカレールーを入れ,味を調える。

これさえあれば,寒い外での準備は一切なし シャトルシェフ

火をおこしたり鍋を温めたり,キャンプ場での準備って,煩わしいと思いませんか?

なぜ遊びに来てまで料理という家事をしなければいけないのでしょう。

できることなら,煩わしい準備なんて一切やりたくないですよね。

そんな人には,シャトルシェフをおすすめします。

シャトルシェフなら,キャンプ場で準備したりする必要は一切ありません。

なぜなら,食材を事前に5分茹でたあとシャトルシェフに入れるだけで煮込むことができ,

10時間後であってもアツアツのスープを食べることができるからです。

シャトルシェフに入れてほったらかしにしているだけなのに,

食事の時間になったら器に盛り付けるだけであったかいスープを食べられます。

シャトルシェフで準備時間を減らすことで,

もっと快適に冬のキャンプを楽しむことができてしまいますね。

キャンプで食べたい至福ご飯~冬のおすすめ編~ のまとめ

・ポトフでほっと一息あたたまる

事前準備さえしておけば,火にかけておくだけですぐできてしまうポトフ。

遊び終わった後すぐにアツアツのポトフを食べられます。

・超簡単チーズリゾットで準備は最小に

最小限の食材だけで,あったか美味しいリゾットが作れます。

準備する荷物も少なくて,簡単に作れてしまいます。

・キャンプの王道,トマトカレーで料理の失敗を回避

料理が苦手な人でも安心してください。

トマトカレーなら,少しくらいミスしても美味しく作れます。

多少ミスをしてもしっかり挽回できる料理です。

★シャトルシェフで寒い外での準備を一切せず美味しいスープが食べられる

キャンプで火をおこしたり鍋を火にかけたりするのさえ面倒な人向け。

外での準備は一切不要のシャトルシェフを使って,

楽してアツアツスープが食べられます。