冬キャンプ結露対策!知らないとテントが大変な目にその対策とは!?

今回は結露に対する知識と結露対策をご紹介します。

夏だけでなく、冬にキャンプもやってみたいと感じる人も多いと思います。
冬のキャンプは空気が澄んでいて、きれいな星空を見たり、焚火を囲んで過ごすひと時は、夏には味わえない格別な時間です。

冬のキャンプで、気を付けるポイントを考えると一つは寒さ対策ですよね。
でも、もう一つ大事なことがあります。

それは【結露対策】です。
結露は、普段の生活でも誰しも目にしたことがあります。

冬の朝、部屋の窓に水滴がたくさんつくよく見る現象です。

しかし、キャンプの時に起こる結露は厄介で、結露対策を知らないと思いがけないトラブルが待ち受けています。

知っていれば冬のキャンプも快適に過ごせます。

安心してください。結露は対策すれば軽減することはできます

しかし、結露に対する知識や対策を知らないと、テントが浸水したり、カビでテントが使えなくなったり、本当に大変な目に遭いますよ。

冬のキャンプを快適に過ごすため、知っておきたい結露の知識と具体的な結露対策方法とを教えます。


 結露は気温差と水蒸気量で発生!?それってどゆこと?

主な原因は外気温と室内温度の差、また空気中の水蒸気量によって結露は発生します。

温かい湿気の多い空気が、外気に冷やされて「飽和水蒸気量」を超えると余分な水蒸気が水分となって現われます。

基本的な結露発生の仕組みです。

わかりやすく言うと、空気が水分を持ちきれなくなって、溢れた分が目に見える「水」となって壁などに現われる現象のことを言います。

※空気は冷えると、空気が持てる水分量が減って結露しやすくなります。

そのため、冬は結露が起こりやすいのです。

冬のキャンプ時に発生するテント内の水蒸気ですが、主な水蒸気の発生原因は人間の吐く息です。

※人は一日に皮膚や呼吸からおおよそ1ℓもの水分が出ていると言われております。

テントがビショビショに!?結露が発生するとどうなるの?

では結露が発生すると、どんな現実がおきるのか。

・不快感

ひどい場合結露はテント内に水たまりができるくらいの水分量になります。

寝ている時に結露でテント内がビシャビシャになり、背中がヒヤっとして目が覚めてしまうこともあります。

置いていた大事な荷物や携帯が水滴でビショビショに、なんてことも起こります。

運が悪いと携帯が故障したりします。

・カビの原因

結露で濡れたテントは乾かさずにそのままにしておくと、カビが発生しテントが使用できなくなってしまうことがあります。

一度カビができてしまうと完全に消すことは難しく、
「あの時、やっとけばよかったー!!」ってかならず後悔します。

・片付けに時間がかかる

結露でテントがビショビショになると、乾かすのに時間がかかります。

冬なので簡単には乾かず、そのまま片づけるとカビの原因になります。

また、キャンプサイトにもよりますが、乾かす時間に多くをあて、チェックアウトの時間に追われることになります。

結露に対する心構えと、結露対策を知らないと、本当に大変な現実が待っています。

そのため、冬のキャンプはしっかりと結露対策をして望みましょう。

では、ここからは具体的な結露対策について紹介します。


結露にバイバイ!大変な目に遭わない5つの対策とは?

実際のところ、人間がテント内で活動、呼吸をしているかぎりテント内で結露を完全に発生させないことは不可能です。

それでも最小限に抑えたり、発生してもきちんと対応できれば、冬のキャンプも楽しく、快適に過ごすことができます。

すべて把握し、自分にあった対策を選んで実践してみてください。

・キャンプ場、テント設営場所選びで対策!

キャンプ場選定やテントを設営する場所から結露の対策ができます。

場所を選ぶところから気を付けてください。

先ほどの紹介した通り、結露は外気温と室内の温度差、発生する水蒸気の量で決まります。

■避けた方がいい場所

・周囲に水分の多い場所(川辺や湖畔)
・雨天で濡れている場所
・木陰

こういった場所ではそもそも水分量が多く、比較的結露が発生しやすい条件が揃っているため、極力避けましょう。

■結露対策として選びたい場所

・林間キャンプサイト
・カラっと乾燥している場所
・日当たりのよい場所
・地面を触ってみてサラサラな場所
・木から少し離れた場所

※雪上でテントを張るなら、平らにしっかりと固めてから設営してください。

さらに、夜明けに日の光を浴びるところを計算し、テントを設営しておくと、日光を浴びて乾きやすくなります。

また冬は日光でもテント内が温かくなるので、日の光をピカーっと浴びて気持ちのいい朝を迎えてください。

・テント内の空気を換気する、循環させて対策!

結露を完全に発生させないのは不可能ですが、ただし外気と同じ条件であれば発生は最小限に抑えることができます。

極論ですが、外気温とテント内の温度を同じにしておけば結露の発生は防げます。しかし、当然冬なのでとても寒いです。

寒いですが密閉にせず、こまめな換気はとても重要です。

換気のポイント

・ベンチレーションを開放し換気する。
・フライシートをビシッと張っている状態にする

※特にダブルウォールテントの場合

・空気が下からも入るようにする
・空気の通り道を作っておく必要がある
・必要であれば入口からも空気を入れる。

■換気を結露対策のメインにするならシュラフは大事!

換気を結露対策のメインにするのであれば、寒さ対策は必須になります。

大きな暖房機器を準備するのではなく、使えるシュラフにお金をかけてください。

冬用シュラフを使用し、最低でも-10度まで対応できるものが理想です。

シュラフには、大きく二種類あり、封筒型とマミー型があります。

冬キャンプに向いているのは体の密着度が高く、保湿性の高いマミー型です。

また、シュラフを万が一の結露から守るために、シュラフカバーを準備しておくのもありです。

・テントを選んで対策!

テントの生地や種類によっても結露の対策はできます。

■コットンテント

快適性ではこのコットンテントを利用することが一番。

テントはナイロンやポリエステルといった素材が使われているものが多いです。

冬のキャンプでよく使われるテントの一つにコットン製のものがあります。

最近ではポリエステルとコットンを合わせたポリコットンテントが人気です。

結露が発生しないという造りではなく、結露が発生しても生地自体に吸湿性があり、壁に染み込むイメージで、ポリエステルのように水滴が垂れてこないのが特徴です。

またコットンテントは材質が分厚く、テント内の温かいさを保てます。

※夏でも涼しく利用できるのでとても便利。

それにおしゃれ。
まさに憧れのキャンプというイメージです。

乾燥させる作業も日光に当てて、風通しを良くしておけば乾きやすいので、メリットは多いですね。

逆にデメリットは価格が比較的高額、持ち運ぶのに重たいといったところです。

■ダブルウォールテント

結露対策に向いているのが、ダブルウォールテントです。

現在、キャンプシーンで使用されているテントの多くはダブルウォールテントです。

ダブルウォールテントと、シングルウォールテントの種類があり、簡単に言うと、文字通り壁が1枚か2枚かの違いです。

シングルウォールテントだと、すぐ外という状況で、外気温との差が大きくなるので、空気が冷やされやすく結露ができやすくなります。

ダブルウォールテントは内側と外側の空気の間に、フライシートがあり空気の層を作ることが出来るので、温度差が軽減され、結露を防ぐことができます。

フライシートには結露はしますが、自分たちのいるテント内までは結露しにくい構造となっています。

ポリコットンテントに比べると完全に防げるというわけではなく、結露する可能性はあります。

■シングルウォールテントの結露対策

持っているテントがシングルウォールテントの場合は、タープやブルーシートを使って対策することができます。

テントの上に外からおおいかぶせ、タープなどを屋根のように張ります。

おおいかぶせることで、ダブルウォールテントのように空気の層を作ることができるので、結露発生を軽減できます。

※テントの壁とタープなどの隙間がなく近すぎると、外気温に冷やされやすいので、室内に結露します。張る際は少し隙間をあけておきましょう。

・セラミックファンヒーターで寒さも結露も対策!

快適さを求めるならセラミックファンヒーターです。

キャンプ場選びの際に、電源付きキャンプサイトを選ぶのも一つの手です。

電源が使えれば、電気カーペットなど寒さ対策もしやすいです。

結露対策として、セラミックファンヒーターを利用するとかなり軽減できます。

ミニテーブルなどに置き、倒れない工夫をして使用してください。

※転倒オフ機能の付いた商品もあります。

電気の暖房機器は一酸化炭素が出ない為、寝ている間も使用できますし、水蒸気も発生しないため、結露に繋がりにくいです。

テント内の置き場所工夫や、乾燥するので水分をこまめに取る事が必要になります。

のどが弱い方は注意が必要ですね。

■薪、石油、ガスは要注意

テント内では原則火器は使用しないでください。

特に薪ストーブや、石油、ガスファンヒーターなどは一酸化炭素を発生させます。

もし室内で使用するなら自己責任にて、必ず換気を徹底して行いましょう。
命にかかわります。

※利用を考えている方は一酸化炭素中毒を理解し、一酸化炭素を検知するアラーム警報器も販売されているので、そちらも準備しておきましょう。

・結露対策グッズで対策!

ちょっとしたグッズですが、結露対策に効果はあるので決してあなどれません。

テントの種類やシュラフなどは準備できることに限りがありますが、今から紹介するグッズは比較的誰にでも簡単に準備できるものを選んでいます。

豆知識として知っておきましょう。

■除湿シートを吊り下げる

クローゼット用の大判除湿シートをテント内に吊り下げます。

※そのままひっかけて使えるようなタイプ。

かなり湿気を吸ってくれるので効果が期待できます。

1枚だけでなく、数枚かけておくとより効果を発揮します。

※天日干しで再利用可能な商品も販売されています。

■充電式ファン付ランタンで換気

LEDライトの付いた小型のサーキュレーターです。

テント内の空気を循環させ、結露対策に有効です。

テントのベンチレーター(上部の窓)に、テント内の空気が排出されるように取り付けると空気の循環、湿気を排出できて効果的です。

また小型で持ち運びもでき、取り付けもひっかけるだけでとても楽です。

フル充電をしておけば一晩程度なら持ちますので重宝します。

※夏場にも活躍します。

※テントの壁際で一定の空気だけが冷やされてしまうと、結露の原因となります。その為、空気を循環することは大事になります。

■マイクロファイバータオルで拭く

万が一結露が出た場合は、吸水性の良いタオルなどですぐに拭き取りましょう。

ほっておくと水滴が大きくなり、タラタラとたれてしまいます。

その後、すぐに換気をすれば結露はなくなります。

普通のタオルでも代用はききますが、拭き取ると湿ってしまい何度も繰り返し使うことが難しいので、吸水性が高く、水切れのいいものが便利です。

■濡れマスクをうまく利用する

濡れマスクを通常通り、濡れたスポンジを挟んだ状態では使用しません。

人間の呼気はとても湿度が高いです。

マスクの濡れスポンジを入れるポケットに、お菓子などに入っている乾燥剤を入れます。

※乾燥剤は100均などで手に入るシリカゲル乾燥剤を使用。

すると呼気に含まれる水分を吸収してくれます。

※乾燥してのどが痛くなることはないですし、人体にも影響はないです。

対策はした!でも、結露が大量に発生してしまったら…?

結露はたくさん発生する時もあれば、運よく全く発生しない時もあります。

自然環境やその日の気温、人間の状態などにも左右されます。

万が一、結露で大変な事になった場合は、

「こうゆう時もある!」
「それがキャンプ!」
「勉強になった!」

と思い切って割り切りましょう。

そして、その後、迅速に対応すればいいだけのことです。

結露発生後の対策も事前に準備しておくと、焦らずに対処することができます。

①水滴を拭き取る

対策グッズでも紹介しましたが、もし結露がテントの内側に発生したらすぐに拭き取りましょう。

※テントの外側にできるのは夜露で、内側にできるのが結露です。

普通のタオルでも大丈夫ですが、結露が発生したら大きなテントを乾かす必要があります。

乾かすために、吸水性の良いものを使った方が繰り返し拭けるので、早く乾かすことができます。

マイクロファイバータオルや、吸水スポンジが繰り返し使え、乾きやすく便利です。

大型家具店や100均などでも手にはいりますし、キッチン用の吸水シートや、吸水性の高いスポンジでも対応できます。

②天日干しする

テントが濡れた場合はしっかり乾かす必要があります。

水分を放置するとカビの原因になります。

風通しを良くし、日光にあてて、干すのが一番です。

ただ、拭き取ってから干さないと、乾くまでに時間がかかり、チェックアウトが迫って余裕がなくなります。

朝起きたら、壁をチェックし、早めに拭き取って、天日干しおけば出発の頃には乾いている状況をつくることも可能です。

フライシートは濡れてる可能性大なので、必ずチェックしましょう。

③暖房機器で温める

もし、暖房機器を持って行っているのなら、テントに向けて乾かしましょう。

近づけすぎないように注意が必要です。

④最終必殺技!テントをレンタルする

冬に適したテントを持っていない、自分で干したり片づけたりするのが面倒くさい、という方はレンタルという考え方もあります。

ネットで自宅まで宅配してくれ、種類も豊富で、使用後もそのまま返却OKとなかなか便利です。

料金はかかるものの考え方の一つとしてはありかも。

まとめ

結露は気温差と水蒸気量で発生!?それってどゆこと?

結露は外気温と室内の温度差、空気中の水蒸気量が多くなると発生します。また、人が呼吸する事で水蒸気を発生させるので完全に防ぐことは不可能です。ですが対策すれば発生を抑えることはできます。

テントがビショビショに!?結露が発生するとどうなるの?

不快感、カビの原因、片付けに時間がかかる。

冬のキャンプも楽しみたいのに、知識や対策を知らないとテントの中に水たまりができたり、ほっておくとカビが発生したりと大変な目に遭います。

結露にバイバイ!大変な目に遭わない5つの対策とは?

・キャンプ場、設営場所選びで対策!

水分の多いところは結露が発生しやすいので、乾いた場所を選んでっテントを設営しましょう。

・テント内の空気を換気する、循環させて対策!

温まったテント内の空気は外気温によって冷やされ、結露となるので、空気を外気温に近づければ発生を防げる。その為、換気が大事。

寒さ対策もしておかねければいけないので、シュラフも冬用を選びましょう。

・テントを選んで対策!

ポリコットンテントは結露が発生しても、水滴となりにくいので結露対策になります。
おしゃれで夏場も使えるので、冬のキャンプを機に揃えてみてもいいかも。

ダブルウォールテント、シングルウォールテントの種類があり、二重構造のダブルウォールテントが冬には適しています。

シングルウォールテントでもタープを屋根上に張る事で対策になります。

・セラミックファンヒーターで寒さも結露も対策!

電源を使えるキャンプサイトであればセラミックファンヒーターが結露対策として、また寒さ対策にもなるので便利です。

また、一酸化炭素の発生する石油、ガスヒーターなどは使用には十分注意しましょう。

・結露対策グッズで対策!

除湿シート、充電式ファン付ランタン、マイクロファイバータオル、マスク、簡単だが除湿など効果のあるものばかりなので事前に準備することをオススメします。

対策はした!でも、結露が大量にはっせいしてしまったら…

自然環境やその日のコンディションでも結露の発生は変わります。

ですので割り切って気持ちを切り替えましょう。

結露が発生しても、水滴を拭き取る、天日干しする、暖房機器で温める、事前にテントをレンタルする、といった対応ができるので、結露が発生しても大丈夫なように準備しておきましょう。

「結局100%の予防が無理なら結露ができてもいいんじゃね?」と思うのであれば、対策の必要はありません。

しかし、知識と事前対策をしておけば、万が一結露が発生しても対応できるので騙されたと思って準備してください。

断言しますが、対策で軽減することは可能です。

冬のキャンプは、夏とはまた一味も二味も違い楽しめますので、快適に過ごせるように結露対策をして、楽しいひと時をお過ごしください。