キャンプやBBQで火おこししよう!初心者必見マニュアル!

キャンプやバーベキューで火おこしは避けては通れませんが、なかなか大変な作業で初心者さんや女性の方にはハードルが高いことの1つとなっていませんか。

「いったい何をどれだけ準備すればいいの?」

「そもそも炭ってどうすれば火がつくの?」

「火をつけても消す方法は?使った炭はどうすればいいの?」

分からないことだらけではいつになっても億劫に感じて火おこしができないままです。

そこで、初心者さんでもできる簡単な火おこしの方法を疑問を解消していきながら2種類お教えします。


火おこしをするときに使う道具って?

・木炭 
・軍手
・うちわ
・炭ばさみ 
・持ち手の長いライター 
など。

やけどや怪我をしないために軍手や炭ばさみは必ず用意してください。

火おこしの方法を決めたら、着火剤ガスバーナーも用意してくださいね。

準備する炭の量は1時間あたり1kg、または1人あたり1kgほどといわれてますがバーベキューコンロやグリル、使う炭の質によっても変わってくるので、あくまで目安です。

使うシーンによって炭の量は変わってくるので、前もって確認しておくと安心できますよ。

また、炭は保存ができるので足りなくなって焦ることがないように、迷ったときは多めに持って行くのがいいです。

飾りがあるような服はかわいいですが、火を扱うときは危険なので避けてくださいね。

簡単っていわれる「着火剤」ってどういうもの?

着火剤って燃料となって燃えるのを助けてくれる道具なんです。

木炭や薪などにいきなり火をつけようとなかなかうまくいかないときでも、着火剤を使うと簡単に火をつけられるので初心者さんにとても向いているんです

またホームセンターなどで着火剤は気軽に買うことができるのと、火をつける方法さえ知っていればラクに火をおこすことができることもあってよく使われているそうです。

いろいろな着火剤が売られていますが(固形タイプやジェルタイプなど)、扱いやすい固形タイプでの火おこしの方法と手順を説明していきますね。

では炭を置いていくところから。

ここで着火剤を置く位置は炭の下です。

そして覚えていてほしいことが2つ。

・火は下から上に登るように燃えるということ。
・火は酸素がないと燃えないということ。

理科で習うので知っている人も多いと思いますが、着火剤が燃えることによって炭に火がつくので、炭と着火剤の位置や酸素の確保がとても重要になってきます。

ここで間違えて炭の上に着火剤を置いてしまうと炭に火はつきません

順番にすると

①グリルなどを出す
②着火剤を置く
③その上に炭を置く

となります。

順番をイメージして覚えておくと準備もスムーズにできます。

バーベキューで油汚れが心配なときは、着火剤を置く前にアルミホイルを敷いておくと後片づけも楽になって一石二鳥ですよ。

テキパキと火おこしをするなら覚えておきたいですね。

着火剤を置いたあとにその上と周囲に小さい炭から置いていきます。

下から上に火は登るので炭を置く形は「井」の形や、かまどのような形にまずは2段ほどの高さに置いていきます。

燃えやすいように隙間を作りながら炭を置いていきます。

大きい炭からではなく小さい炭を選んで置いていくのにも理由があって、単純に炭自体が大きいと火の回りが遅くなるからなんです。

火おこしを効率よく行うには酸素もいるので空気の通り道を作ってあげることも忘れないでください。

コンロ台やバーベキューグリルなど、使う設備に合わせて考えながら置いていくのも非日常でワクワクしますね。

炭を置きおわったら隙間から着火剤に火をつけます。

このときに真上から火をつけようとするとやけどをする危険があるので、炭の隙間から持ち手の長いライターを使って火をつけることをおすすめします。

せっかくの楽しい思い出をけがで台無しにはしたくないですよね。

着火剤に火をつけたらしばらく炭に火が回るのを待ちましょう。

しっかりと炭に火がついたら炭が赤っぽくなってきます。

そうしたら一度、炭を平らにならしてその上に中くらいの炭を少しずつ足していき、うちわなどで風をやさしく送って炭に火を移していきましょう。

火をつけて15分くらいして炭が全体的に白っぽくなったら火おこしは終わりなのでお料理などを始めるといいですよ。


着火剤で火おこしするときはココに注意!

それは炭を動かさないことです。

着火剤から炭に火が当たっているのを見ると、つい他の炭にも火を当てたくなりますが完全に炭に火がついていない状態で動かすと高温になりきれずに燃料も無駄になってしまいます。

着火剤が無くなるまで火を当て続けるとよほどの場合でなければ、初心者さんでもスムーズに火おこしをすることができます。

5分で完了?バーナーで時短火おこし

ガスバーナーは高火力の火で直接炭を炙るので、初心者さんでも最短5分ほどで火をおこせる時短な方法です。

先ほど紹介した着火剤を使った方法とはちがい、ゴーッ!と大きな音とともにに強力な火が吹き出しますが、怖がらずに大胆に火おこしをしていきましょう。

ガスバーナーを使った火おこしの方法を説明していきますね。

基本は着火剤を使う方法と変わりはありません。

バーナーの場合でも火の回りをよくするために小さい炭で空気の通り道を作ってあげながら「井」の形に2段くらい、ほかの形でも真ん中に空洞を作って炭を設備の形に合わせて置いていきます。

炭を置いていくときは大きな炭を使わずに、燃料切れを防ぐという意味でも小さい炭から置いていくのが大事ですよ。

バーナー(トーチ)に燃料となるボンベを説明通りにセットしたら安全を確認して、置いた炭の真ん中に向けて火を噴射していきます。

このときに結構大きな音がしますが、そもそもガスバーナーはそういうものなので怖がらずに思いっきり火を噴射するのがポイントです。

ガスバーナーの火を弱火にしてしまうとなかなか炭に火がつかないし、ボンベの燃料もみるみる無くなっていきます、燃料切れなんて困りますよね。

しばらく炭に火がつくまで火を向けます。

火を当てて炭の半分が赤っぽくなってきたら火がついてきたサインなので、バーナーの火を消します。

うちわなどで下から優しく風を送り、置いた炭が白っぽくなり火力が安定したら火おこしは終わりです。

ガスバーナーで火おこしするときはココに注意!

ガスバーナーは高火力なので怪我や事故に注意してしましょう。

ガスバーナーを使うときには自分だけでなく周りの様子などにも気を配りながら、火災や事故を起こさないようにします。

手軽に手早く火おこしができるガスバーナーですが、危険も伴うので安全には十分な配慮をすることが大切です

片付けは手早くキレイに安全に!

炭の消火は火が消えているように見えても、水がたくさん入ったバケツに炭を1つずつひたしていくといった、念入りな作業が大切になってきます

見た目だけでは炭の内側で火や熱がくすぶっていて、火が消えているかを判断するのはとても難しいんですよね。

熱い炭をうっかり触ってしまったりなど炭の消火のときの怪我は多いです。

炭の消火には時間と手間がかかりますが、「火消しつぼ」といった便利な道具を使ってみるという手もありますよ。

炭をひとつずつ水にひたす手間もかからず、炭をそのまま火消しつぼに入れてふたを閉めるだけと使い方も簡単で確実に火を消すことができるんです。

おおよそ1~2時間ほど炭を入れて放置しておくと、火が消えて片付けることができるようになります。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 大型火消し壺 火おこし器セット バーベキュー用 M-6625



また、炭に直接水をかける行為は絶対にしてはダメです。

大量の水蒸気が発生するので、すごく危険な行為なんですよ。

焚き火台やコンロによっては急激な温度変化により変形したり、使い物にならなくなってしまいます。

火を消さなきゃと水をかけるのは炭の消火ではやめておきましょう。

完全に火を消し終えた炭や灰は持ち帰って燃えるゴミとして処分することができます。

キャンプ場やバーべキュー場の中には、炭や灰の処分の場所を設けているところもあるので、あらかじめ確認して利用させてもらうのも帰ってからの手間が省けていいかもしれませんね。

安全に炭を消火し、訪れたときよりもきれいにして気持ちよく帰りましょう。

まとめ

今回はキャンプやBBQで火おこししよう!初心者必見マニュアル!」について紹介しました。

・火おこしをするときに使う道具って?

うちわや軍手、炭ばさみです。

・簡単っていわれる「着火剤」ってどういうもの?

チャレンジしやすい固形の着火剤で確実に火おこしができる道具です。

・着火剤で火おこしするときはココに注意!

15分~30分くらい炭を動かさずに待つこと。

・5分で完了?バーナーで時短火おこし

強い火で炭を炙って、5分ほどで火おこしができます。

・ガスバーナーで火おこしするときはココに注意!

怪我や事故がないようにまわりの安全を確認する。

・片付けは手早くキレイに安全に!

水に浸けて消火します。簡単に消火できる道具を使うという手もありますね。
訪れた場所はキレイに片づけて、炭や灰は持ち帰って処分することができます。

火おこしって準備をしっかりして基本の手順と少しのコツを知っていれば初心者さんや女性でも思ったよりも簡単にできることなんですね。

キャンプやBBQでサッと火おこしを済ませられるのってかっこいいですし、なにより自信になりますね。

私も方法がわかったので次から火おこしにチャレンジしてみようと思います。
この記事を読んでくださったかたの「やってみよう!」というきっかけになれば嬉しいです。