キャンプはキッチンの収納力で決まる!大量ツールをおしゃれに活用!

キャンプに出かけるなら、おしゃれなキッチン用品をスマートに収納し、サイトに到着したら、スマートに取り出して準備にかかり、テントやタープを設営したら、キッチン用品をおしゃれにセッティングすれば、あとは思いっきりキャンプを満喫。

でも、現実は、行きも、帰りも、まいどの事とはいえ。特に、キッチン用品に関しては「収納方法」に悩まされて困っている。という方が多いようです。キッチン用品は小物が多くて、上手くまとまらない。

収納するときに、必要な物のくべつができず、探すのに時間がかかる、など。今回はそんな悩みを解決してすぐに活用できる 収納の コツと基本をお教えしましょう。


1.キッチン収納のコツは「使用シーン」を「イメージ」してみること

収納のコツは頭の中で使用するシーンをイメージ(想像)してみることです。使うシーンをイメージ(想像)して必要なものをそろえれば、かくにんする事も一緒にできるので、入れわすれが無くなります。

火をおこす、焼く、煮る、炒める、盛り付ける、飲む、食べる、片付ける、保存する、はそれぞれ食べるに関係するシーンですね。

各シーン別に小分けして必要な物をそろえます。「食べるシーン」に必要な物は、フォーク、お箸、スプーンですね、今度はそれにテーマ(名前)を付けます。

食卓用のナイフ・フォーク・スプーンなどは「カトラリー」といいます、名前を「カトラリー」に決めたとします。次は入れ物を決めて、決まった小物入れにテーマ(名前)を書きます。

例 まず作業する順番①~⑨を決めて小分けしてみましょう。

①小物のテーマ名「切る」

包丁、ナイフ、調理バサミ。

②小物のテーマ名「段取り」

ボール、ざる。

③小物のテーマ名「調味料」

油、塩、こしょう、トマトケチャップ、マスタード、

④小物のテーマ名「食器に盛り付ける」

トング、菜箸、串、おたま、穴じゃくし、フライ返し。

⑤小物のテーマ名「調理(焼く、炒める、煮る。)」

網、フライパン、お鍋。

⑥小物のテーマ名「食器」

プレートでサイズは大、中、小。形状は各サイズに対して、深い物と浅い物。

⑦小物のテーマ名「カトラリー」

フォーク、お箸、スプーン。

⑧小物のテーマ名「保存」

ラップ、ジップロック。

⑨小物のテーマ名「かたづける、洗う」

ふきん、ミニタオル、食器用洗剤、

①~⑨迄を小物入れにテーマ(名前)を書いて収納します。あとはキッチン用品と書いた収納ケースにまとめて入れておけば車に積み込む時もキャンプサイトで荷下ろしする時も、少ない回数で済み、探す手間も省けますね。

2.キッチン用品を収納するツールは「袋」より「箱」にすべし!

キッチン用品の小物は袋に入れるより透明のタッパーに入れたほうが見やすくて良いです。袋だとテーマ名を書いていても、「シワ」になっていることが多いので、見えにくく、一度ケースからふくろを全部出してから見る必要があるので、めんどうで手間が掛かります。

キャンプサイトで調理や食事の用意をするときは、サッと取り出して短時間で準備できれば、ゆっくりと調理できます。 慌てていると、周りが見えなくなって、キッチン作業台にぶつかるなどしてコンロ上の鍋をひっくり返したり、包丁やナイフなどが落ちてケガをする事もあります。

中が見えやすいと使う場所それぞれに置けます。切る、段取り、調理、片づけ・洗う物、ならキッチン作業台のそばに置いて。調味料、食器、カトラリーならテーブルのそばに置けば良いですね。

袋だと重ね置きするたびに狭いテーブルや作業台から何度も滑り落ちて、めんどうですが、タッパーなら安定しているので散らばることがないですね。サイズや形状も多彩なものがあり、安く手に入るので使わない手はありません。


3.キッチン小物は手作りツールでおしゃれに収納!

自分で収納しやすい、おしゃれな小物を手作りしてみましょう。でも、いきなり作るのは大変ですね。最初は簡単なものから始めましょう。

今ある作業台に、100円ショップのS字フックを掛けておけば、

それだけで簡単に小物掛けができますよ。キッチン用品を車から下ろしたら、小物なら使う場所にぶら下げておくのが一番です。その日に使うキッチン用品が決まれば、その分だけ調理する作業台やテーブルにぶら下げておけば場所を取る事もなく、見つけやすくて便利です。

キッチン用品は小物が多いのでかさばります。サイトに着けば小物が多いキッチン用品をどこにおけば良いのか迷ったり、せっかくわかりやすく収納しても箱から取り出した後はやはり「小物」なので見つけるのに一苦労、なんて事はよくありますね。

とはいえ、やはり自分で手作りしたツールでキャンプを楽しみたいものですよね。「なべ敷き」ならトライするのにちょうど良いんですよ、ホームセンターで購入した板を真四角に切ってサンドペーパーなどで角を丸く削れば、  それだけで肌触りの良いものができます。

また、ペイントマーカーでカラフルに模様を入れると可愛くておしゃれになりますね。 他には長方形に加工した木を3本程テーブルに並べれば、収納に便利でコンパクトな、「なべ敷き」ができます。

 バラバラになって無くすことがないように、3本とも紐で予めつないでおいてもいいですね。布製の「なべ敷き」だとすぐに汚れていちいち洗ったり乾かしたりめんどうです、木製だと汚れていても拭けば簡単に汚れが取れますね。

慣れてくれば、ホームセンターで木材を仕入れ単純な作りの棚や作業台を作ることもできます。作りかたが単純なほうが車に積載するときに場所を取らずに収納が楽だし便利です。見た目もおしゃれで丈夫なので長持ちするんですよ。

お気に入りのツールに囲まれていると、あわただしい日常から解放させてくれて、快適な時間をより楽しむ事ができます。

まとめ

1.キッチン収納のコツは「使用シーン」を「イメージ」してみること。

収納のコツは頭の中で使用するシーンをイメージ(想像)してみることです。使うシーンをイメージ(想像)して必要なものをそろえて小物入れに収納していきましょう、かくにんする事も一緒にできるので、入れわすれがなくなります。

小物入れにはテーマ(名前)を書いておき、キッチン用品と書いた収納ケースにまとめて入れておけば車に積み込む時もキャンプサイトで荷下ろしする時も、少ない回数で済み、探す手間も省けます。

2.キッチン用品を収納するツールは「袋」より「箱」にすべし!

中が見えやすいので使う場所にすぐにおけてキャンプの用意がスムーズにできます。箱の形なので安定感があって散らばることがありません。袋だと重ね置きするたびに狭いテーブルや作業台から何度も滑り落ちてめんどうですね。

せっかくテーマ名を記載していてもシワになっていることが多いので、見えにくくて一度全部出してから確認する必要があるので、タープの中がより狭くなってどこに何があるか判りにくくなってしまい手間が掛かります。

3.キッチン小物は手作りツールでおしゃれに収納!

自分で収納しやすい、おしゃれな小物を手作りしてみましょう。

鍋敷きならトライするのにちょうど良いです、ホームセンターで購入した板を真四角に切ってサンドペーパーなどで角を丸く削れば、

 それだけで肌触りの良いなべ敷きができます。また、ペイントマーカーでカラフルに模様を入れると可愛くておしゃれな、「なべ敷き」になります。 他には長方形に加工した木を3本程テーブルに並べれば、

コンパクトになり収納に便利です。 バラバラになって無くすことがないように、3本とも紐で予めつないでおいてもいいですね。

キャンプは「キッチン用品の収納方法とセッティングでほぼ決まる」と言われています。上手に収納して簡単に取り出すことができて、ササっと準備ができればゆったりと調理する時間ができるので、

手の込んだ美味しいご飯にありつけますよ。またキャンプ地で自作のオリジナルツールを使用して、見た目もおしゃれにアクセントをつけてみるのも良いものです。お気に入りの手作りツールでアウトドアをぜひ楽しんでみてください。

投稿者プロフィール

うっぴー。
うっぴー。
管理人 うっぴーです。

キャンプ、山、海が大好きな方!
これからやってみようかな!?って思っている方!
思いっきり遊び尽くしましょう(^O^)