キャンプに持っていきたいトートバッグ4選!用途別に紹介します!

キャンプの収納といえば、コンテナのようなボックスタイプを選びがちな方が多いのではないでしょうか。

ボックスタイプは荷物がたくさん入って便利ですが、重たくなってしまい、コンテナの移動だけで疲れてしまった、なんてこともしばしば。

収納力もあってもっと楽に持ち運びができるアイテムとして、実は今、トートバッグタイプが人気上昇中なんです。

でもたくさん種類があってどれを選べばいいか分からない、という方もこれを見れば大丈夫。用途別に厳選したトートバッグをご紹介しましょう。


トートバッグでキャンプを手軽にバージョンアップ

トートバッグはキャンプでの持ち運びを手軽にしてくれます。ボックスタイプは荷物がたくさん入ることが魅力の一つですが、ついつい荷物を多く入れてしまい、重くなりがちです。

また表面がごつごつと硬いため両手で持たなければならず、持ち運びにくいという弱点がありました。その点トートバッグは肩に下げて持てるため、荷物の量によっては女性や子供でも持ち運べますね。

私は女性ですが、一度に重い荷物持つより、ある程度の重さに分けて、何回か往復する方が体力的に楽だと感じました。重い荷物を男性にばかり運んでもらうのも気が引けますし、かと言って重すぎる荷物を持つのも躊躇してしまいますよね。

そんなときトートバックをうまく活用することで、たくさんの人数で持ち運びができ、移動作業が短くなり、時間も有効活用できます。

「小物の整理」と「収納場所」の悩みは、トートバッグが片づける

バラつきがちな「小物の整理」と使い終わった後の「収納場所」に困っている方にも、トートバッグが問題を片付けてくれます。

まずは小物から。例えばキッチン周りの小物は、カラトリーや調理道具、お皿など種類が多く、ごちゃごちゃとしがちです。

そんなとき、仕切りが多くついているトートバッグを選ぶことで、物の出し入れがしやすくなります。後片付けのときも、元の場所に戻すだけなので整理もしやすくなります。

次にボックスタイプは中に物を入れたまま収納できる利便性はありますが、置く場所が必要という難点がありました。その点トートバッグなら折りたたんで小さくできるため、収納場所に困りません。

他にトートバックにすることでメリットはないでしょうか。シンプルなデザインのトートバッグにすることで、キャンプ以外のレジャーシーンにも活用できます。

例えばお泊り用のバッグとして使ってみたり、防水機能付きのバッグであれば、海やプールでも使えます。せっかくトートバックを使うなら、いろんな場面を想定してトートバックを選んでみましょう。


キャンプに持っていきたいトートバッグ4選

①小さくなる大容量バッグ。丈夫で防水機能も有。シンプルなデザインも嬉しい。

初めての方におすすめしたいのがこちら。キャンプの経験が少ない方は、「どんな荷物を持っていけばいいか分からない。」というお悩みも多いでしょう。

またまとまった人数で行く場合や現地でいろんなアクティビティを楽しみたい方などは、着替えなど荷物が多くなりがちです。また急な雨で荷物が濡れてしまっては、気持ちも落ち込んでしまいます。

そんなとき荷物をたくさん入れられて、防水機能もついているトートバックがおすすめです。こちらバッグの最大量はおよそ100リットル。

内側にも外側にも2重で撥水加工がされているので、急な雨に降られても、濡れた服を入れるのも安心ですね。

さらに100キロの重さに耐えられる耐荷重テストもクリアしているという丈夫さはもちろん、バッグ自体が軽く、ソフトな素材なので小さく折りたたみ可能。これなら遠慮なくバッグを使えます。

キャンプに必要な機能を揃えつつ、コーデの邪魔にならないシンプルデザインも魅力の一つです。

②小物整理におすすめ!自由に仕切れるプレート付で自分だけのバッグにカスタマイズ!

仕切り付きトートバックを選ぶならこちら。細かい小物類をまとめたいとき、「自分だけの荷物に合ったバッグがあればいいのに・・・。」なんて思ったことはないでしょうか。

ポケットがたくさん付いているバッグや仕切り付きもあるけど、位置が決まっているため、最初はよくても、アイテムが増えていくと収納場所を考えるのがめんどうですよね。

そんなとき、仕切りプレートを自由に付け替えできるこちらのバッグがおすすめです。なんとこのバッグはファスナーの着脱だけで、自分の好きな仕切りを作り出せます。

アイテムが多ければ細かく仕切って良し、大きな荷物と小物を一緒に収納するときは、分けて仕切っても良し。自分だけのオリジナルスペースが作れる唯一のバッグです。

また耐久力と摩耗性のある素材で型崩れがしにくく、立てて収納も出来ます。蓋つきで底面には湿気対策が施されているため、中の荷物をしっかり守ってくれます。側面にあるベルトを手で掴めば、重いものでも安定して運べます。

さらに安心の日本製で、品質の高さがあり、デザインもシンプルで使いやすいです。その分コストは上がりますが、他の商品とは替えの効かない機能性がこのバッグにはあります。

③コスパ抜群!シンプルイズベストの驚きの安さ。

コスパで選ぶならこちら。まだ一度もキャンプにトートバックを使ったことがなく、お試しでキャンプでトートバックデビューしてみようかなという方。

仕切りとかはいらないので、とにかく荷物がしっかりと入って、安いトートバックが欲しいという方もいるのではないでしょうか。

そんなときはこちらのトートバックがおすすめ。とにかく驚くのはコストの安さ。容量は約75リットルで、MとLの2サイズ展開。耐荷重は明記されていませんが、重すぎる荷物を入れなければ収納力は十分です。

シンプルなデザインなので、他の用途でも使いやすいのも嬉しいポイント。機能はシンプルイズベストでコストを抑えたい、という方はまずはこちらから試してみるのもおすすめです。

④柄付でおしゃれにコーデ!容量別に選べるトートバッグ。

おしゃれなバッグが気になる方はこちら。

シンプルなデザインのトートバックが多い中、おしゃれなバッグは気になるけど、派手すぎない、高すぎないバッグはないか。みんな同じような色やデザインのバッグばかりで見分けがつきにくいため、他のデザインのものはないかお探しの方。

こちらのカモフラージュ柄がおすすめです。柄付きのバッグであれば他の人と違いを出せるのはもちろん、複数でキャンプで行く場合には、自分の荷物と見分けがつきやすいのもメリットです。

容量は75リットルと170リットルの2種類。用途別に大きさを選べるのは嬉しいですね。

大きい方はバーベキューのセットも入る収納力の高さがあります。小さい方でも通常の荷物を入れるなら十分な広さがあります。おしゃれな柄物をお探しの方はぜひ一度見てみてください。

まとめ

トートバッグでキャンプを手軽にバージョンアップ

トートバッグはキャンプでの持ち運びを手軽にしてくれます。ボックスタイプは多くの荷物が入るメリットはありますが、重くて持ち運びにくいというデメリットがありました。

その点トートバッグは肩に下げられるため、女性や子供でも持ち運びやすくなります。たくさんの人数で運べた方が、移動作業も短い時間で終わり、時間を有効活用できます。

「小物の整理」と「収納場所」の悩みは、トートバッグが片づける

バラつきがちな「小物の整理」と使い終わった後の「収納場所」に困っている方にも、トートバッグが問題を片付けます。

種類の多いキッチン周りの小物は、仕切りが付いているトートバッグを選べば、物の出し入れがしやすくなります。置く場所がないというお悩みにも、折りたたんで小さくできるトートバッグが活躍します。シンプルなデザインを選べば、キャンプ以外のレジャーシーンにも使えるのもメリットです。

キャンプに持っていきたいトートバッグ4選

①小さくなる大容量バッグ。丈夫で防水機能も有。シンプルなデザインも嬉しい。

②小物整理におすすめ!自由に仕切れるプレート付で自分だけのバッグにカスタマイズ!

③コスパ抜群!シンプルイズベストの驚きの安さ。

④柄付でおしゃれにコーデ!容量別に選べるトートバッグ。

何かと荷物が多くなりがちなキャンプで、簡単に持ち運びやすいトートバッグは重宝します。

今までボックスタイプばかり使っていた方や、これから準備を始める方にも、自分が使いやすい場面をイメージをして、トートバッグを選んで見てください。