キャンプで食べたい冷凍は食品これだ!!おすすめの25品とは??

キャンプへ行く時のキャンプ飯ってすごく迷いますよね。
また料理に時間をとられ過ぎてしまうと、
キャンプを楽しむ余裕もなくなってしまいます。

どうにかして、おいしく簡単にキャンプ飯を作りたいところです。

私はキャンプで、たくさんの経験をしてきました。
時には料理を失敗したり、
時間をとられすぎて遊びが何もできなかったりしたこともあります。

そんな私が、キャンプで簡単に料理を作りたいという一心で、
ようやくたどり着いた答えが、冷凍食品です。

冷凍食品は簡単にサクッとできちゃうので、もう手放せません。

また、それ自体が保冷力を持っているので
クーラーボックスの効果を持続させてくれます。

そこで今回は、私が実際に料理した、キャンプで大活躍すること間違いナシの
おすすめ冷凍商品を3つの項目からランキング形式でご紹介します。


オールシーズンで大活躍な料理ベスト13

13位ドリア

ドリアは、普段なかなか口にする機会が少ないと思うので、
キャンプで作ることによって特別感が演出できます。

冷凍エビピラフやチキンライスで簡単に作ることができちゃいます。
また、冷凍エビピラフをスキレットで炒め、
温かくなったらホワイトソースをかけて食べると相当おいしい。

大きなスキレットで料理するころで、家族でシェアできちゃいます。

12位ハンバーグ

ハンバーグっていざ作ろうとすると、手間がかかってしまいますよね。
キャンプのイメージには、あまりハンバーグは登場してこないと思います。

しかし、冷凍ハンバーグであれば簡単にキャンプ飯へ早変わりできてしまうのです。

ハンバーグとご飯で、もうボリューム満点のキャンプ飯ができてしまいます。
ハンバーグは、いつの時代も子どもに大人気なので絶対に喜ばれるでしょう。

11位自宅で玉ねぎなどをみじん切りにして炒めたものを冷凍する

やっぱり、キャンプ飯はおいしくいただきたいですよね。

こまごましたものやアクセントになる食材は、
自分で作ってしまいましょう。笑

キャンプ場で欲が出て、いざ新しい食材が欲しくなっても、
なかなか調達するのが難しいです。

なので、ハンバーグなどを作ろうと思っている方は、
玉ねぎなどをみじん切りにして炒めて冷凍したものを、
一緒にもってくると、とても便利です。

10位肉団子

冷凍肉団子は、すばらしい万能者です。
私がいつもキャンプに必ず持っていく食材の一つです。

調理方法はとっても簡単で、温めるだけ。
種類や味も豊富で、
本当に様々な料理に使うことができちゃいます。

私は昔、キャンプへ行った際にひとり鍋をしたのですが、
その時に、プチッと鍋に肉団子をいれて食べたことがあります。

その時は、冬で気温がかなり低かったのですが、
もう鍋と肉団子が美味しすぎて、忘れられない味になりました。

9位ブロッコリー

冷凍のブロッコリーは、主に冬キャンプの定番である
シチューやコンソメを料理する際に大活躍します。

緑色のブロッコリーがあるのとないのでは、
味はもちろん、見た目もかなり変わってくるので
外したくありません。

8位肉まん

冷凍肉まんは蒸して食べるのが一般的だと思いますが、
焼いて食べると本当においしいです。

外はカリッと、中はジューシーな食感で食べ始めると止まらなくなります。

また、キャンプ中はなにかと忙しかったりするので、
片手で食べることができるのも魅力のひとつです。

7位グラタン

グラタンは焚き火を囲ってダッチオーブンで作ることができるので、
特に冬のキャンプで大活躍します。

やはり、温かいものを食べると心も温かくなりますよね。

私はキャンプでグラタンを食べると、
子どもの頃に、母が作ってくれたお弁当のことを思い出します。

母はよくお弁当に小分けの冷凍グラタンを入れてくれていたのですが、
私はその冷凍グラタンが大好きでした。

個人的に冷凍グラタンは、懐かしい気持ちを思い出させてくれるので、
キャンプではよくグラタンを作ったあと、昔の思い出に浸っています。

6位チヂミ

熱烈な支持を得ているのが冷凍チヂミです。
おいしく食べやすく、子どもから大人まで大人気。

チヂミを作る際、フライパンでもいいのですが、
スキレットを使うといつまでもアツアツな状態を保つことができるので、
おすすめです。

5位ビビンバ

私の普段の生活では、ビビンバを食べる機会–が少ないのですが、
キャンプではビビンバをかなりの頻度で食べます。

理由は、普段あまり食べないので特別感があるのと、
かなりボリュームがあるので大満足できるからです。

もうそれだけで、存在感があるので作っていて楽しいです。笑

ビビンバを作る際は、
豚肉を火が通るまで炒め、そこに冷凍ビビンバをいれれば出来上がり。
キムチやホウレン草などを加えると完璧でしょう。

4位パスタ

これさえあれば間違いナシの王道メニューです。
冷凍パスタは大人も子どももみんな大喜びします。

とっても簡単にフライパンで作れてしまうので、
私はとても重宝しています。

パスタのいいところは、なんといっても味の種類が多いので、
自分たちの好みに合わせた味を選ぶことができます。

ちなみに私は、ミートソース味が大好きです。
キャンプの際は、
いつも粉チーズを大量にかけて大自然のなかで食べています。

3位お好み焼き

お好み焼きって、おいしいですよね。
私は、週に1回はお好み焼きを食べています。

しかも、割とお腹にたまってくれるので、
意外とコスパがいいです。笑

フライパンや鉄板に冷凍お好み焼きをいれて、
外がカリッとしだしたら、完成です。

また、イワタニの鉄板焼きプレートは、
どんなカセットコンロもジャストフィットなので、
便利です。

2位エビチリ

中華の王道のエビチリは、お好きな方も多いと思います。
ピリッとした味わいがたまりませんよね。

キャンプで作るのが難しそうなエビチリも、
冷凍のエビチリでとっても簡単にできちゃいます。

日本ハムのエビチリに、玉ねぎを足して食べるのもおいしいのですが、
冷凍のエビを贅沢に加えると、わらにおいしさがアップします。

1位オムライス

オールシーズンで抜群の安定感を保ち、見事1位に輝いたのはオムライスです。

ケチャップで、オムライスの上に文字や絵を書いて盛り上がること間違いナシ。
かなりのおすすめです。

けど、いざオムライスを作ろうとしても、
玉ねぎをみじん切りにしてケチャップライスを作るのは、
まなり面倒ですよね。

そこで、冷凍のチキンライスの登場です。

冷凍のチキンライスをフライパンでいため、
半熟卵をのせるだけでオムライスの出来上がりです。

とっても簡単で、作るだけで盛り上がるので、
ぜひ一度、試してみてください。

私もよく友人や家族でオムライスの上にメッセージを書き合って、
写真を撮ったりSNSに投稿したりしています。

意外とお子さんのほうが上手だったりするので楽しいです。笑

大自然の中だからいい!?油を使った料理ベスト3

続いて、揚げ物を紹介していきます。
揚げ物ってお家で作ると油がコテコテになり匂いも気になってしまいますが、
キャンプならもう気にしなくて大丈夫。

壮大なキャンプ場で最高の揚げ物を作っちゃいましょう。

3位串カツ

居酒屋の人気メニューです。
どうしてこんなにもお酒に合うのでしょう。笑

焚き火を囲ってお酒を飲みながら食べる串カツは、最高です。
ぜひ、大人の時間のお供に串カツを作っちゃいましょう。

2位エビフライ

エビフライは、串カツと対照的にお子さまに大人気。
また、調理方法もとても簡単なので、キャンプに最適です。

私は子どもの頃からエビフライが大好きで、
よく大きいエビフライを弟と取り合ってケンカをしていました。

しかし、今ではそれを叱る側になりました。
時の流れは早いですね。笑

1位唐揚げ

揚げ物部門の1位は、なんといっても唐揚げです。

どんな料理にでも合う優秀な一品です。
レモンをかける派とかけない派で別れると思いますが、
どっちもアリです。

スキレットを使えば簡単に作れることができます。
冷凍からあげは、すでに火が通っているので、
サッと上げるだけで完成です。


夏の定番!!BBQで盛り上がること間違いナシなベスト9

最後にBBQのときに大活躍する冷凍食品をご紹介します。
お肉だけじゃ物足りないという方は、
ぜひ一緒に作っちゃいましょう。

9位冷凍うどん

冷凍うどんはとっても便利な代物。
1分程度でできてしまうのでとっても簡単です。

焼き肉のたれとあまったキャベツを混ぜれば焼うどんができるし、
夏の暑い時期は冷やしうどんやたぬきうどんを作って、
夏バテ効果が期待できちゃいます。

8位ピラフとチャーハン

ピラフやチャーハンはガッツリ食べられるので大人気です。

私は大人数でBBQをするとき、必ずピラフやチャーハンを作って、
みんなでワイワイ盛り上がっちゃいます。

7位業務用やきとり

片手で食べられるし、なによりも種類が多くて外せないです。
すでに、加熱料理されているのでサッと出来上がってしまいます。

6位餃子

キャンプで餃子を料理することで、何倍にも豪華にみえます。
最近は水や蓋がいらなくてもできてしまうものがあるので、
とっても便利です。

そのまま焼いてもいいし、
スキレットでやくとパリパリしておいしいです。

5位焼きおにぎり

野外でお米をたくと、時間と手間がかかってしまいますよね。

冷凍の焼きおにぎりだとサクッとできちゃいます。

アルミホイルで包んで、
鉄板や炭火グリルの上で蒸し焼きにできるし、
それをひっくり返すだけでもう完成です。

また、多様なアレンジも可能なので、
自分好みに作ることができます。

4位焼きそば

外で食べる焼きそばって最高においしいですよね。
鉄板にあげて色飯とお好み焼きソースをMIXしちゃいましょう。

青のりとかつお節があれば完璧です。

3位ミックスベジタブル

ミックスベジタブルがあるだけで、料理に色合いが増し、
よりおいしく見えますよね。

また、シーフードミックスはお肉の脂っこさを解消してくれます。

塩水で解凍するとぷりぷりになるので、
アヒージョなどにするとオシャレです。

2位枝豆

こちらも、お酒のお供に最適です。
枝豆があるとお酒が進むので、
くれぐれも飲みすぎないように気を付けてください。笑

炭の上で焼いてもよし、
そのまま解凍してもよしです。

1位たこやき

なんと。
1位に輝いたのは、たこやきです。

意外なのですが、たこ焼きって実はかなり優秀で、
持っていくと多くの人に非常に喜ばれます。

BBQの網の片隅でコロコロ作れちゃうし、場所も取りません。
このたこ焼きのおいしさは味わったことのある人にしか分かりません。

なので、私はキャンプに行くとき、必ず冷凍のたこやきを持っていきます。

まとめ

オールシーズンで大活躍な冷凍食品
13位ドリア
12位ハンバーグ
11位玉ねぎなどの冷凍持参
10位肉団子
9位ブロッコリー
8位肉まん
7位グラタン
6位チヂミ
5位ビビンバ
4位パスタ
3位お好み焼き
2位エビチリ
1位オムライス

油を使った揚げ物の冷凍食品
3位串カツ
2位エビフライ
1位からあげ

BBQで大活躍な冷凍食品
9位うどん
8位ピラフとチャーハン
7位たこやき
6位ぎょうざ
5位焼きおにぎり
4位焼きそば
3位ミックスベジタブル
2位枝豆
1位やきとり

キャンプでの冷凍食品の便利さを知ってしまったら、
もう後戻りはできません。

それに、やはりキャンプ場でみんなと作って食べる料理は、
いくら冷凍食品といえど、とってもおいしいものです。

ぜひ、冷凍食品を上手に使ったキャンプ飯で一緒に最高の思い出を作りましょう。