キャンプで簡単、美味しくアヒージョを作るコツを紹介!

キャンプと聞くと、
「テント」「焚き火」「BBQ」など色々思い浮かぶかと思います。
ではキャンプで作る簡単な料理はどうでしょうか?
キャンプで作る簡単な料理といえばアヒージョです。
アヒージョでよく使われるシーフードミックスはなんと保冷剤代わりになるし、オリーブオイルとニンニクと好きな具材があれば簡単に作ることができます。
またアレンジをすることで違うレシピに早変わりをし、具材を変えれば子供もたべれます。
今回はそんなキャンプで作るアヒージョのおすすめのレシピをお教えしましょう。

アヒージョを作る時に大切なオリーブオイル

アヒージョ作りに欠かせないものの1つがオリーブオイルです。

オリーブオイルと一口に言っても、様々な種類があり何を使えばいいのか迷ってしましますよね。

オリーブオイルには、バージンオリーブオイル、精製オリーブオイル、ピュアオリーブオイル、オリーブポマスオイルと5種類あります。

オリーブオイルは、繊細で光に弱いため、蛍光灯の光でも酸化が進んでしまうと言われているため、選ぶ際ポイントは、社交性の高い色の濃いボトルのものを選んでください。

アヒージョとは小さなニンニク!?

アヒージョってどこの国のどういう料理かご存知ですか?アヒージョとは、スペイン語で『小さなニンニク』、『刻んだニンニク』を表す言葉で、オリーブオイルとニンニクで煮込んだマドリードの代表的な小皿料理のことをいいます。

基本的なアヒージョの作り方をご紹介!

アヒージョはオリーブオイルとニンニクを使う料理なのはご存知の方も多いと思いますが、では、実際にアヒージョを作ってみましょう!

(材料4人分)

むき海老…80g
マッシュルーム…100g
ニンニク…1片
鷹の爪…1本
ブロッコリー…30g
オリーブオイル…150ml
塩…少々

1、鍋にオリーブオイル、ニンニク、鷹の爪を入れ弱火にかける。
2、ニンニクの香りが出てきたら、マッシュルーム、むき海老を入れ、弱火で10〜15分加熱する。
3、茹でたブロッコリーと塩を加えて混ぜる。

海老とマッシュルームは相性抜群で、尚且つすごく簡単にできます!もちろん具材はお好みのものでいいので色々な食材で挑戦してみてください。

シーフードミックスを使ったアヒージョ

シーフードミックスを煮込んだアヒージョは、魚介から美味しいだしが出てくるので簡単だし、冷凍のシーフードミックスはキャンプ時にクーラーボックスの保冷剤の代わりにもなるのでおすすめの食材の一つです。

サバ缶を使ったアヒージョ

材料は、サバ缶とニンニクとオリーブオイルのみ。
シンプルだけどサバの旨味がバゲットにもよく合います。

缶詰は保存ができるのでキャンプ場で使わないときは持ち帰りができ、足りない場合は即席で作ることもできるのでおすすめの食材です。

アヒージョを美味しくするための弱火

アヒージョは、魚介や野菜などと相性がいい料理ですが水分が出るので水っぽくなってします場合があります

水分が多く出てしまうと、オリーブオイルと具材がうまく絡まず旨味も逃げてしまうので、下茹でや下味をつけたあとは水気をよく切ってからオイルに入れて作ることをおすすめします。

キャンプでアヒージョを作る時にはスキレット

では、実際にキャンプでアヒージョを作る際にいる道具は何があるでしょうか?キャンプといえばやはり『スキレット』ではないでしょうか?スキレットは、お洒落で使う方もいますが、熱伝導率がゆっくりで素材にムラなく火を通すことができます。

そのほかはカスエラ、ダッチオーブン、小鍋などでも同様に作れます。アルミホイルは直火に対応していないので、アルミホイルによっては熱で溶けてしまう場合もあるのであまりおすすめできません。


キャンプにおすすめの料理はアヒージョ

キャンプで簡単、美味しくアヒージョを作るコツを紹介!についてでした。

アヒージョを作る時に大切なオリーブオイル
アヒージョを作る時に必要不可欠なのがオリーブオイルです。
オリーブオイルには5種類あり、光に弱く、蛍光灯の光でも酸化が進んでしますので、選ぶ際のポイントは社交性の高い色の濃いボトルのものを選んでくださいね。

アヒージョとは小さなニンニク!?
アヒージョとは、スペイン語で『小さなニンニク』とか『刻んだニンニク』を表す言葉です。
オリーブオイルとニンニクで煮込んだマドリードの代表的な小皿料理のこと言います。

基本的なアヒージョの作り方をご紹介!
材料はお好みのもので大丈夫です。
そこにニンニクと、オリーブオイルで煮込む。
とても簡単なので是非作ってみて下さい。

シーフードミックスを使ったアヒージョ
シーフードミックスを使ったアヒージョは、魚介から美味しいだしが出てくるので簡単、そして冷凍のシーフードミックスはキャンプ時にクーラーボックスの保冷剤代わりにもなるのでおすすめの食材です。

サバ缶を使ったアヒージョ
材料は、サバ缶とニンニクと、オリーブオイルだけで作れます。
シンプルだけど、サバの旨味がバゲットにもよく合います。
缶詰は保存ができるのでキャンプ場で使わない時は持ち帰りができ、足りない場合は即席で作ることもできるのでおすすめの食材です。

アヒージョを美味しくするための弱火
アヒージョは、魚介や野菜などと相性がいい料理ですが、水分が出るので水っぽくなる場合があります。
水分が多く出てしますと、オリーブオイルと具材がうまく絡まず旨味も逃げてしまうのでよく水気を切り、『弱火』で加熱するのが大切なポイントです。
強火だとオリーブオイルの風味が損なわれてしまうので、作る際は『弱火』で作ってみて下さい。

キャンプでアヒージョを作る時にはスキレット
キャンプでアヒージョを作る際にいる道具でおすすめなのが、『スキレット』です。
お洒落で使う方もいますが、熱伝導率がゆっくりなので素材にムラなく火を通すことができます。

他には、ダッチオーブンや小鍋でも同様に作れます。

キャンプでは持ち物は少なく手軽で美味しい食事をする時におすすめなのがアヒージョです。
お好きな具材とニンニク、オリーブオイルとスキレットさえあれば簡単に美味しくできます。
具材を変えると味も変わりそれもアヒージョの楽しみかたの一つですね。