キャンプで使うコーヒーミル5選!手動?電動?あなたはどちらを選ぶ?

大人数で楽しむキャンプも良いのですが、日頃の疲れを癒すために一人でゆっくりキャンプを楽しむのも良いものです。
そんなキャンプの朝に自然を眺めながら飲む一杯のコーヒー。
格別ですよね。

さて、外でコーヒーを楽しむためには欠かせないアイテムがコーヒーミル!
「インスタントじゃダメなの?」
「自分で挽くのは難しいでしょ?」
というあなた。

一度味わってみてください。やめられなくなりますよ?

キャンプで何より魅力的なのは過程です。
自分で作る食べ物、自分で挽いたコーヒー豆。これを味わうのが最大の至福です!
この過程を楽しまないのは損です。

家とは違った楽しみかたをしたいのなら、コーヒーミルを使って自分で豆を挽いてみて下さい。保証します。虜になりますよ(笑)

さて、一概にコーヒーミルと言っても種類が豊富でどれを選んで良いものか悩みますよね。

コーヒーミルを大きく分けると、手動式と電動式に分けられます。
今回はアウトドアにピッタリな価格もお手軽で、尚且つ性能良し!そして持ち運びが楽な軽量サイズの物をピックアップしてそれぞれ種類別にオススメの商品を紹介していきます。


オススメの手動式コーヒーミル

ポーレックス コーヒーミル

キャンプでミルを使用する際に気になる点は、持ち運び、手入れ、丈夫かどうかですよね?こちらはコーヒーミルメーカーの中でも定番中の定番のポーレックス。シンプルなデザインで、耐久性に優れたステンレス製。
エスプレッソから粗挽きまで、お好みの粒度に調節が簡単。セラミック製の刃は劣化がなく、丸洗いも出来ちゃいます。
少ない力でしっかりと均一に豆が挽けるので、女性の方にもオススメ!

ポーレックス コーヒーミル セラミックミニ

ソロキャンプを始めたいが、携帯性に優れたミルが欲しいというあなたにはこちらの商品がピッタリ!
よりコンパクトさを重視したポートレックスのミニサイズ。
とにかくコンパクト!
持ち運びがとても楽で、キャンプにはもってこいの代物となっています。
一度に挽ける量は少なくなりますが、掃除もしやすく操作性も抜群です。

ハリオ コーヒーミル ・ セラミック スリム MSS-1TB

豆を挽いている際は中がどうなってるのか分からないので調節が難しい!
中身を確認しながら挽きたい!
という悩みをこの商品が解決します。
スケルトン仕様のコーヒーミルなので中を確認しながら豆を挽く事が出来るので調節がしやすい!これは魅力的ですよね。
さらに裏にダイアルがついているので、挽き目の調節にとても便利です。
全てのパーツを丸洗いできるため、お手入れも楽チン!
セラミック製の臼を使っているから摩擦熱が発生しにくく、熱によるコーヒー粉へのダメージを防いでくれます。

ハリオ コーヒーミル セラミック スケルトン  MSCS-2B

「いっぱい飲むから多めに豆を挽きたいな」というコーヒー好きなあなたにはこちらがピッタリです。手軽なうえに容量が多め!
2〜3人でキャンプをするときには丁度良いですよ!
蓋がついていて、コーヒー粉の保存容器にも出来ちゃいます!
滑り止め付きで、安定してコーヒーを挽けます。
こちらもセラミック製の商品で丸洗いが可!

カリタ コーヒーミル  KH-3BR

どうせ買うならオシャレな物が良い!っていう方にはこのコーヒーミルを!
木目のデザインがとてもオシャレで、インテリアとしても置けそうな見た目が特徴的で人気がある商品です。
挽きめの調節はストッパーを外して調節ネジで行います。
時計回りで細かく、反時計回りで粗くなります。
とても簡単に調節できるので、使いづらさは感じないです。
見た目がオシャレなので、持っていくだけで気分が上がりますよ!

オススメの電動式コーヒーミル

メリタ 電動コーヒーミル  MJ-518

電動のコーヒーミルは扱いが難しそうってイメージがありますよね。
また、据え置き型の印象が強いので、持ち運びは出来ないだろうなぁと思っていました。この商品はそんな問題を解決してくれます!
コンパクトサイズなうえ、電動コードも収納する事が出来てより持ち運びが楽に!
何よりワンタッチで挽き具合も調整できるので、手軽にコーヒーを淹れる事ができます。一度に70gまで挽く事が出来て、5杯分(約40g)なら15秒程度で挽けます!

カリタ 電動コーヒーミル CM-50

ササッとコーヒーを飲みたい方にオススメなのは、こちらのカリタのコーヒーミル。
50gの豆を15秒で中挽き出来て、2人分の豆であれば10秒程で挽けるので、ソロキャンプでも大活躍!あっという間に仕上がる電動式を使うと、もう手挽きのミルには戻れません。
水洗いが出来ないのが難点ですが、付属でブラシがついてきます。ブラシやキッチンペーパーなどで清掃すれば衛生的にもそこまで問題にはならないです。

カリタ 電動イージーカットミル EG-45

こちらもカリタのコーヒーミルですが、片手で手軽に豆を挽く事ができちゃう便利もの!
サイズもコンパクトなうえ、挽き終わった後もスムーズにコーヒー粉をドリッパーにセットできます。
空回り防止の設計が施されており、容器の底にあるリブがコーヒー豆を拡散して均一に挽く事が出来るので、簡単に美味しいコーヒーを飲む事ができます!

KYG  電動コーヒーミル  300Wハイパワー

ドリップコーヒーは好きだけど、手挽きだと時間もかかるし、面倒だし、コーヒーを飲むのも躊躇してしまう。
しかしこちらの商品はコンパクトサイズながら、ハイパワーであっという間に豆を挽けます。1杯分を粗挽き〜中挽きで4〜8秒。2杯分だと10秒!早いですね。スイッチは一つで操作も簡単!ボタンを押す長さで豆の挽き具合が調整でき、蓋が透明なので、確認しながら挽けるのが魅力です。
問題は音がうるさいです。夜使うのはなるべく控えましょう。

ラッセルホブス 電動コーヒーミル 7660JP

見た目を重視したい!という方や、家でも使いたいから、キッチンに置いておいても見栄えがいい物が良い。という方にはこちらのラッセルホブスのコーヒーミルをオススメします。スタイリッシュなデザインが特徴的なコーヒーミル。
また、下重心の製品なので安定性があり、安心して豆を挽けます。
取り外せるグラインディングボウルの中で粉を挽くので周囲に粉がこぼれる事はありません!
こちらも音がうるさいので、音が気になる方にはオススメしません。


手動式と電動式のメリット、デメリット

手動タイプのミルと電動タイプのミルではそれぞれ特徴も異なり、用途に合ったものが一番使いやすいです。
用途に合ったものとは?
少人数か大人数か
ササっとコーヒーを淹れたいか、じっくり時間をかけたいか
などです。

例えば
「一人でゆっくりキャンプを楽しみたい!」
という方には手動タイプのコーヒーミル
「友達や家族と大人数でコーヒーを飲みながら団らんを楽しみたい」
という方には電動タイプのコーヒーミル
といった感じです。

それでは次に手動タイプと電動タイプでのメリット、デメリットを紹介していきます。

手動タイプのコーヒーミル

メリット
・コーヒー豆を挽く楽しさがある
・お手入れが簡単
・耐久性がある
・オシャレなデザインが多い

デメリット
・一度に挽ける量が少ない
・時間がかかる
・手が疲れる

電動タイプのコーヒーミル

メリット
・一度に挽ける量が多い
・短時間で豆を挽ける
・ボタン一つで出来るので操作が簡単

デメリット
・電源がある場所じゃないと使えない
・音がうるさい
・手入れが面倒なのが多い

といったように
シンプルにまとめるとこうなります。
また、電動タイプのコーヒーミルはキャンプ用に作られていない為、手動タイプと比べると耐久性が欠けます。

選ぶポイントとしては
コーヒー豆を挽く量、電源があるかどうか、耐久性はどうか、手入れは大変かどうかを重要視していくのいが良いです。
どうせ買うのなら、長く頻繁に使える物を選びたいですよね?
自分が使うシチュエーションを考えて用途にあった物を選んでいくのがベストです!

まとめオススメの手動式コーヒーミル

手動式はコンパクトで手入れが簡単な物を選ぶのが良いです。
また、自分の手でハンドルを回して豆を挽くので
豆を挽く楽しさを味わいたいという方や、自分だけのこだわりのあるコーヒーを淹れたいという方にはオススメです。
一人でゆっくり自然を満喫しながらコーヒーを飲みたい!というのであれば
ぜひ手動式のコーヒーミルで自分特製のコーヒーを楽しみましょう!

オススメの電動式コーヒーミル

電動式は時間短縮と、豆を多く挽けるのが魅力的です。
大人数で楽しみたい!
時間をあまりかけたくない!
という方にピッタリなのが電動式。

今回紹介した電動タイプのミルは、キャンプで使用するのを目的としたので
安価でコンパクト、尚且つ使いやすい物を厳選しました。
高価な物になれば持ち運びは不便ですが、自宅で使用するにはもってこいの物が多いです。
キャンプ以外でも家でミルを使いたい!という方には電動式のコーヒーミルをオススメします。

手動式と電動式のメリット、デメリット

手動式コーヒーミルのメリット、デメリット

メリット
・コーヒー豆を挽く楽しさがある
・お手入れが簡単
・耐久性がある
・オシャレなデザインが多い

デメリット
・一度に挽ける量が少ない
・時間がかかる
・手が疲れる

電動式コーヒーミルのメリット、デメリット

メリット
・一度に挽ける量が多い
・短時間で豆を挽ける
・ボタン一つで出来るので操作が簡単

デメリット
・電源がある場所じゃないと使えない
・音がうるさい
・手入れが面倒なのが多い

私ははじめに
軽量サイズで持ち運びが楽なのと、キャンプっぽい!というだけの安い考えだけで手動式のコーヒーミルを購入しました(笑)
しかしいざ使ってみると手間と時間が煩わしくなり電動式を買い直しました・・・。

調べてみると私と同じ経験をした事がある人が多いみたいです。
コンパクトな物が多かったり、耐久性が優れていることから
初心者の方で手動式のコーヒーミルを購入する方が多いみたいですが
必ずしも初心者にオススメ!というわけではないようです。

購入する際には今回紹介したメリットやデメリットを考慮し
自分が使うシチュエーションを考えて、用途に合った物を選ぶことをオススメします。