アウトドアヒーターの選び方!アウトドアヒーターであったかキャンプ

秋、冬や春先の寒い季節のキャンプ、寒さ対策について。

服装を工夫したり、冬用のシュラフ(寝袋)を用意したり、または、我慢したりしていませんか。

「寒いけどキャンプ楽しみたい!」
年中キャンプ楽しみたいという、キャンプが大好きなあなた。

アウトドアヒーターを使ってないなんてもったいないですよ。

今回は、寒い季節のキャンプも、あったかキャンプに一瞬で早変わする、最強キャンプ道具、アウトドアヒーターを紹介します。


あったかキャンプの必需品!アウトドアヒーターとは

「キャンプにヒーターなんて持っていけるの?」
と思ったかもしれませんが、

キャンプブームの現在、キャンプ専用のヒータが販売されているんです。

キャンプ用のヒーターなので、高地でも機能を発揮するキャンプヒーターやアウトドアシーンに適した物も販売されています。

また、キャンプ専用ではなくても、キャンプ場でも、十分に安全に使える製品もあります。

キャンプ場によっては電源があったりしますので、電気製のヒーターで暖をとることもできるんです。

キャンプヒーターは使われている燃料によって分ける事ができます。

まずは、そんなアウトドアヒーターの種類紹介します。

キャンプヒーターは燃料とサイズで選ぶ!後悔しない、キャンプヒーターの選び方!

・ガス式ヒーター

ガス式ヒーターの最大の特徴は軽くてコンパクトなところ。燃料はガスなので、家庭で使っているカセットコンロのガス(CB缶)を使えるモデルもあり、扱いやすいです。

モデルによってCB缶ではなく、アウトドア用のOD缶の物もあるので、購入の際に選ぶこともできます。

また、キャンプ用のガスバーナーに乗せて使う、ヒーターアタッチメントという製品もあります。

ヒーターアタッチメントは軽量で、値段も1,000円程度から購入可能で、遠赤外線効果で暖かく、調理可能なので、今人気の製品です。

ガス式ヒーターのデメリットは、石油を用いるほかの暖房器具に比べ、火力が弱く、あたたまる範囲が狭いこと。

初めてのキャンプヒーターとして購入したり、少人数のキャンプ、サブヒーターとしての購入におすすめです。

おすすめガス式ヒーター

コールマン クイックヒーター 170-8054

OD缶タイプなので低温度に強い。

燃焼時間最大8.5時間と燃料コスパもいいので、これ一台で過酷なアウトドアの「あったか対策」もバッチリ。

点火装置もついているので安心です。

燃焼時間: 約8.5時間(レギュラーガス470g缶使用時
サイズ: 約直径16×17.5(h)cm
重量: 約400g

石油式ヒーター

石油式ヒーターの特徴は、火力が強いので、しっかり温められることと、燃料持ちがいいことです。

中には、ヒーターの上でお湯を沸かせたり、調理ができるモデルもあり、キャンプの幅が広がります。

石油式ヒーターのデメリットとしては、サイズがどうしても大きいモデルが多く、重量もある。メンテナンスも必要なことです。

おすすめ石油ヒーター

スノーピーク(snow peak) グローストーブ KH-100BK

最大の特徴360°全体があったかいこと。

重量があるのが欠点ですが、燃焼時間約20時間と長いので長時間の利用や、大人数での利用でも安心!

車など運ぶ手段がある方ならぜひ、おすすめの商品です。

重量:約5.9kg
油タンク容量: 4.9L、
燃焼継続時間:約20時間

 電気式ヒーター

AC電源が使えるキャンプ場なら電気式ヒーターという選択も可能。ほかのヒーターと違い換気が必要ないのでテント内でも安全に使用可能。

家庭で使っているものをそのまま使用することも可能。コンパクトなモデルから、大型のモデルまで選べるのも利点。

薪ストーブ

少し大型になってしまいますが、キャンプの醍醐味を味わいたいなら薪ストーブタイプもあり。

暖房性能は他のヒーターに比べてダントツです。

料理も可能。
分解して、コンパクトになるモデルもある。
暖かさ重視の方にはおすすめ
です。

おすすめ薪ストーブ

TeFuAnAn キャンプストーブ ウッドストーブ

薪ストーブなのに、軽量で、コンパクト。

ひとりキャンプでも問題なく持ち運びが可能。

燃料を持ち運ぶ必要もなく、現地で木材や枯れ葉などで、暖を取ることも。

もちろん調理もできます。
一石二鳥のアイテム。

 重量わずか約500g

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ストーブ BBQ KAMADO かまど 煙突 角型ストーブ UG-51

組み立て式の本格薪ストーブ

重量は気になりますが、あったかさと、存在感は抜群!

料理も楽にでき、大人数でも問題なくあったかい!

2泊以上のキャンプにも最適。

セット重量(約):10kg

番外編 焚火

キャンプヒーターを持って行くほどでも。
キャンプヒーターは持ち運びが大変。
など、どうしてもキャンプヒーターは嫌だという方は、
焚火という選択もあります。

直火で暖まれる焚火は、キャンプならではの”暖”です。

コンパクトな焚火台も販売もされているので、検討してみるのもいいかもしれません。

ただし、直火(焚火台を使わず地面で直接火を起す行為)での焚火や火を起す事が禁止のキャンプ場もあるのでマナーを守って、焚火しましょう。

おすすめ焚火台

コールマン(Coleman) 焚火台 ファイアーディスク

網をつけて、バーベキューも可能。

3秒で設営可能なので、焚火初心者にもおすすめ。

構造がシンプルなので(メンテナンスも楽!)という口コミも

重量:約1.6kg
材質:ステンレス
耐荷重:約30kg(ダッチオーブン3サイズに対応)


まとめ

今回は、アウトドアヒーターの選び方!アウトドアヒーターであったかキャンプ
について、紹介しました。

・あったかキャンプの必需品!アウトドアヒーターとは

キャンプで使える、暖房器具。

・後悔しない、キャンプヒーターの選び方!

キャンプヒーターは燃料とサイズで選ぶ!

アウトドアヒーターは燃料によって、暖かさや、サイズが変わってくるので、選ぶ際には参考に!!

キャンプヒータはさまざまのモデルがあり、用途によっても使い分ける事ができるので、自分のキャンプシーンあった物を是非見つけてください!!

また、キャンプヒーターは火を使うものなので、安全には十分注意して、あったかキャンプを楽しんでください!