【キャンプ初心者必見】トイレ事情&虫問題の不安解消する方法

まず皆さん考えてみてください。

もしあなたが利用するキャンプ場のトイレがむちゃくちゃ汚かったり、虫がうじゃうじゃいるところだったら・・・。
少しでも行きたくないと思いますよね。

こんなキャンプ場ではみんなでキャンプを楽しむどころか行ったことを後悔するかもしれません。
もしかしたらこのキャンプがきっかけでメンバーと喧嘩になるなんてこともあるかもしれませんよね。

大部分の女子にとって「汚い」「虫がいる」ことはそれだけで十分イライラします。
なので、本当に喧嘩になったりします 。(笑)

でもこの記事を見てくださったみなさんは大丈夫です。

なぜならこの記事にはそんなキャンプにならないための方法が書いてあるからです!


キャンプ場でのトイレ事情は事前にSNS、ネットの口コミなどで解消!

事前にキャンプ場へ行った人の情報をネットで調べ、トイレなどの水回りのチェックをしましょう。

トイレ事情について調べてみると、高規格キャンプ場(設備が充実していて、キャンプ初心者でも安心安全に利用できるキャンプ場)や温泉付きのキャンプ場、水洗トイレがあるキャンプ場など一口にキャンプといっても様々な種類があることを知りました。

実は私も、もともと海外の汚いトイレは受け入れられないタイプです。

でも自然の中でゆっくり過ごすことに興味があったのでネットで私なりに徹底的に調べてみました。(笑)

私は、はじめInstagramやFacebookなどのSNSを中心に調べていたのですが、もちろん写真はとてもきれいで見ているだけでワクワクしてきます。

しかしSNSでは文字制限があるため細かく書く事はできません。

また、きれいな写真がほとんどで悪いところはほとんど書いてない印象です。

なので実際に行った方のブログを見てみると、とてもリアルで細かくキャンプ場の情報が書いてありました。

また内容もさることながら、掲載している写真がいいところも悪いところもうつしたもので自分がそのキャンプ場に行くことが容易にイメージできたので良かったです。

特に、女性目線で書かれている情報(ドライヤーや大きい鏡、電源の数など)がとても参考になります。

大体を調べる場合はSNS、細かいことを調べるならブログなどがおすすめです。

簡易トイレの使用

簡易トイレの使用もおすすめです。

どれだけしっかりと調べてもテントを設置した場所がトイレからとても遠かったり、小さなお子さんがいる家庭では子供がトイレを我慢できないこともあります。

簡易トイレの作り方は大きく分けて三種類あります。

  • プライベートテントをたてる。
  • ポータブルトイレを設置する。
  • 携帯トイレ袋を使用する。

用を足した後凝固剤を入れれば可燃ごみで捨てられますし携帯トイレは100円均一で売っていたり、Amazonなどのインターネットでも手軽に手に入れることができます。

携帯トイレを購入するときには消臭&消毒、防臭をしてくれるかどうか、外側の袋が厚めのものをおすすめします。

また、携帯トイレは自然災害が起こった時にも必要になると思うのでキャンプで練習してみてもいいかもしれませんね。

携帯トイレは今回紹介した方法の中で、最も簡単で経済的負担も少ないので、初めは携帯トイレに挑戦するのがいいと思います。


虫問題は温度に注目、暑い時期、場所は避けましょう!!

私がキャンプに行くときに気を付けている点をまとめていきます。

  • 時期を考え
  • 利用するキャンプ場の場所の選択
  • 蚊対策

虫の問題についてはSNSや口コミ、ブログなどを一応読んで参考にはしますが、毎年の気温や降水量などによっても変化があるのであまり頼りにはなりません。

なので虫の暖かくなると活発になる習性を利用しましょう。

  • 時期を考え

夏は春や秋より暖かく、昼夜を問わずさまざまな虫を見かけるようになります。
もし虫が苦手な場合は、夏を避けると虫との遭遇率が大幅に下がります。

  • 利用するキャンプ場の場所の選択

時期がずらせない場合は、キャンプ場の場所を変えましょう。
具体的には標高が高ければ気温が下がり、結果的に虫も少ない場合もあります。

  • 蚊対策

自然の中にいる虫は毒があることもあるので、そのままにしておく方がベターです。
しかし、人に害をなす蚊などは蚊取り線香やスプレーなどで対策をしておく方が、キャンプを楽しめると思います。
つまり虫と遭遇しないようにするには、温度に注目してください。
できるだけ温度が低いところを選んで虫に遭遇しないようにしましょう。
ここまで虫と遭遇しないような対策を書いてきましたが、私たち日本人の虫に対する感じ方はほかの国とは違う面白い観点をもっています。
一般的に環境音を認知するときと人の声など言語的な音を認知する時では、脳の使い方が違うといわれています。

例えば日本人は虫の鳴き声のことを「虫の声」という風に表現すると思います。

この表現では日本人が虫の鳴き声のことをただの環境音(風や雨などの音)ではなく人と同じで言語的に捉えています。

このように日本人が捉えるのは日本では古から昆虫採集や観察をする文化があるからだといわれています。

よかったらキャンプに行く時ぐらい虫の鳴き声について考えを巡らせてみても面白いかもしれません。

また、この話以外にも夏と虫の面白い物語はたくさんあるので興味があれば調べてみてください。

まとめ

今回はキャンプのトイレ事情と虫問題について紹介しました。

キャンプ場でのトイレ事情は事前にSNS、ネットの口コミなどで解消!

楽しいキャンプにするためにも事前の情報収集は欠かせません。

SNSは大体の雰囲気を知るために、ブログの口コミは細かいこと知るときとしっかり使い分けてより良いキャンプにしてください。

簡易トイレの使用

どんなに情報収集を行うを頑張ってもアウトドアにはハプニングはつきものです。

そんなハプニングを少なくするためにも簡易トイレを用意してみてください。
思っている以上に簡単なことに驚くはず。

虫問題は温度に注目、暑い時期、場所は避けましょう!!

虫問題はなかなか情報収集が難しいので温度に注目してください。
虫の習性上、温度が低ければ虫は活発にはなりにくいので、場所や時期を考えて楽しいキャンプにしてください。

キャンプ場のトイレ事情と虫問題について書いてきました。
皆さんのトイレ事情と虫問題についての不安は解消されたのではないでしょうか。
この記事をきっかけにキャンプに少しでも興味を持ってもらえたらうれしいです。
また調べることはとても大切ですが、やってみることはもっと大切だと思います。
なので少しでも興味があれば挑戦してみてください。
また実際には、人を助けてくれている虫もたくさんいます(ミツバチなど)。
なので虫がいなくなったらとても恐ろしいことになります。

皆さんに嫌われ者の虫ですが、せっかくキャンプで大自然と触れ合える数少ない機会なので存分に自然を感じてください。